読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教会食堂

宮崎市にあるキリスト教会の牧師の奥さんです。教会でお出しする食事を載せています。 私たちのセブンスデー・アドベンチスト教会では、健康的な生活を送るという聖書の教えに基づいて、菜食をお勧めしています。私がいま居る宮崎教会では、卵乳菜食を取り入れています。

訪問介護の仕事と、教会ご飯がリンクする

f:id:kaerunorinchan:20160204215133j:plain

私は、仕事で訪問介護ヘルパーをしています。最初、仕事を始めた事業所では、ほぼ介護保険下の高齢者の方々と少しの障害者の方々、次の事業所では介護保険の方々のみ、今はほぼ障害者の方々のお宅へおうかがいして、生活上の支援などを行っています。

(ただ介護保険の方へのケアと、障害者の方へのケアは大きく違うところもたくさんあります)

どちらのケアにもあって、得手不得手が大きく分かれるもののひとつが、調理です。私はもちろん不得手なのですが…チャレンジしていこうとがんばっています。

最近のヘルパーさんたちは、どこの事業所でもクックパッドがお友達。スマホを台所に置いて作っている方が多いです。私もたまに利用しています。というのも、基本、ヘルパーは、そのお宅の冷蔵庫にあるものをさっと眺めて、さらに利用者さんに「〇〇にしましょうか、味付けはどうしましょうか」と相談しながら、メニューを決めて調理していきます。たまに、これは困った!というように冷蔵庫の中に野菜がほとんどなかったり、これだとどうしたらいいのかな、と思うようなことも。そういう時に、ささっと検索できるのは助かります。

私の場合は、仕事で作った料理を、次のヘルパーさんの連絡のために(料理が重ならないようにとか)写メを撮ったりします。それを参考にして、次の教会ご飯用にアレンジしたりしています。

教会の人員構成はだんだんと高齢化しており、私の仕事上でお会いする方々と年代が同じです。また教会の中には障害をお持ちの方も(主人もそうですが)たくさんおられます。このような皆様に、食べやすいご飯を「研究」できるのは、仕事柄でもあるし、良かったかなと思っています。

ただ、最近困っているのは、少子高齢化のためなのか、クックパッドや今日の料理の「作る人数分」というのは2人とか多くて4人とか。ところが、教会ご飯は40人とか、行事の時は80人とか。笑 かけ算大変!もちろん目分量でやっていますけども。笑 

今後、もっと勉強していきたいのは、高齢者の口内環境とおかずについて。うちの同居の姑さんが最たるものですけど、とにかく入れ歯があわなかったりすべったりして、野菜が噛めない、食べられない、大きくて入らない、などなど。子供や青年中年は、歯ごたえのあるほうがおいしく感じたりすることもあり、すりあわせが大変です。工夫をしていかないとと思っています。これは今後、どこの教会でも起こることではないかな。目にきれいで、ある程度の硬さのある食事を、教会の中で食べられない人が出てきているのをおぼえて、調理をしていくつもりです。

写真は、利用者さん用に作った、にんじんとピーマンのさっと煮のゴマドレ和え。これは、さっと煮にするか、くたくた煮にするかで、年代を選ばず提供できます。(入れ歯で苦労する方の場合は、医師とも相談の上、煮すぎて栄養がうんたら、よりも、口から食べられる喜びを優先、でいくことが多いです)

 にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村